ダンスのおかげで僕についたハイヒール散歩

自身は学徒の当たり競技踊り(接触踊りのお家、フェスティバルで優劣を戦う分類)を通じていました。若い人にはついに通じないかも知れないけれど、ウリナリ接触踊りという番組を覚えている者は、仮定がつきやすいと思います。この接触踊りの気分のひとつに、女性はハイヒールをはいたまま踊るというものがあります。
ハイヒールというのは、慣れない者にとってはよっぽど辛いものです。若々しい女性がハイヒールをはいて、妙にがに股で歩いていることがたまにありますが、そういった者はおおかたハイヒールをはいたときの重心の奪い取り方法に慣れていない者なんだと思います。
競技踊りを通じてみてよかったのは、そういったハイヒールに慣れることができたに関してでした。競技踊りですから、ハイヒールをはいて専ら歩くどころではなく、常に全身の動きに神経を用い、凄まじくスピンしたりしながら踊り合わせるわけです。背筋をどんな風にのばして、どんな風に重心をとれば、温かく移れるかがわかるようになる頃には、連日でのハイヒールはまるでへっちゃらになっていました。胸 大きく