いくつになってもやめられない!

今即今45年代・・・いつからだったかな。
うーん!そっか、思い起こせば小学4年生ぐらいからだったかも。
最初は、祖母に編み物を教えてもらったのがきっかけで、己はとことん手作りにハマっていう。
初めての作品は(作品と言えるほど素晴らしいものではないが)マフラーだったかな。
かぎ針において編むのを教えてもらい、次は棒針において・・・と、のほほん色んな編み方を覚えたっけ。
編み物の次は、マスコット究明にハマったんだよな~。
フエルトで何人体作っただろう・・・好きな筆者は大高輝美インストラクター。
何冊も雑誌を揃えて、その中から作りたい作品を選んで作った。
いつだったか、夏休みの宿題で十二単を着た女子の作品を作った事があるが、いつの間にか無くなってしまったのを覚えている。
何となく大きな作品で一生懸命作ったのに、最後まで見つからず・・只盗まれたのかな?という泣く泣く諦めた。
おっと、発表がそれてしまった。
そしたら、ビーズでブレスレットや指輪を作ったり、ミシンでバックを作ったり。
何とか手作りをやるのが面白い。
そういえば、大きい芝生の公園でくつろぎながらミサンガ作ったこともあったな。
何やってるんだ己(笑)
結婚して、胃腸に幼児が出来た随時、幼児の玩具を作ったり。
最近では幼稚園積み荷やお弁当荷物を作ったり。
ここ数年はお子さんの為にはじめる事が多かったけど、最近は自分の装身具究明にハマって居残る。
さっそく手作りは格別な。
さて間もなく何を作ろうかな~ふふふ。醍醐味♪palliativedrugs.biz